公算とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

公算

「失敗する公算が大きい」などのように使う「公算」という言葉。

「公算」は、音読みで「こうさん」と読みます。

「公算」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「公算」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

公算の意味

「公算」には次の意味があります。

あることが起こるであろうことの確実性の度合。確率。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「公算」をわかりやすく言うと「あることが起こる確率」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・偶然とするとかなり公算の少ない場合の一致である。
(出典:寺田寅彦『言葉の不思議』)

・時と共に敵上陸の公算は益々増加していったからである。
(出典:北杜夫『楡家の人びと (下)』)

・ぼくと一緒にりんごあめを食べに行けなくなる公算が高いことを。
(出典:米澤穂信『小市民シリーズ2 夏期限定トロピカルパフェ事件』)

・すなわち一つの公算的な因果の現われだともいわれるであろう。
(出典:寺田寅彦『柿の種』)

・近く敵の上陸する公算が大きく、一個小隊の兵力では壊滅は必至だった。
(出典:大岡昇平『幼年』)

スポンサーリンク

類語

蓋然性がいぜんせい
意味:ある事柄が起こる確実性や、ある事柄が真実として認められる確実性の度合い。確からしさ。これを数量化したものが確率。(出典:デジタル大辞泉)

見込みみこみ
意味:将来の可能性。(出典:デジタル大辞泉)

可能性かのうせい
意味:事柄や事件について、それが起こるか起こらないかが未確定である状態。(出典:精選版 日本国語大辞典)

プロバビリティーprobability
意味:ある事が起こり得る確実性の度合。多分そうだろうという可能性の程度。(出典:精選版 日本国語大辞典)

確率かくりつ
意味:ある事象の起こる可能性の度合い。公算。蓋然率(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました