八面六臂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

八面六臂

「八面六臂の働きをする」などのように使う「八面六臂」という言葉。

「八面六臂」は、音読みで「はちめんろっぴ」と読みます。

「八面六臂」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「八面六臂」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

八面六臂の意味

「八面六臂」には次の二つの意味があります。

1 仏像などが八つの顔と六つの腕をもつこと。
2 あらゆる方面にめざましい働きを示すこと。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

スポンサーリンク

八面六臂の意味①「仏像などが八つの顔と六つの腕をもつこと。」

「八面六臂」の一つ目の意味は「仏像などが八つの顔と六つの腕をもつこと。」です。

元々は「三面六臂」という言葉が先に存在していましたが、六面より八面の方がよりあらゆる方向を表せるということで、この言葉が誕生しました。
実際には8つの顔と6つの顔を持つ仏像はほとんど無いようです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

八面六臂の姿で描かれることがある。

・それは八面六臂の化物であった。

類語

・三面六臂(さんめんろっぴ)
意味:仏像などが、一体で三つの顔と六つのひじを備えていること。(出典:デジタル大辞泉)

八面六臂の意味②「あらゆる方面にめざましい働きを示すこと。」

「八面六臂」の二つ目の意味は「あらゆる方面にめざましい働きを示すこと。」です。

あらゆる分野において才能を発揮することを表し、褒め言葉として使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼女が既に私の八面六臂はちめんろっぴの活躍の噂を流してくれていたのさ。
(出典:西尾維新『花物語』)

・例によって八面六臂の大活躍をやっていると、雑誌社から電話がかかって来て、魔利の長閑な状態は、破れた。
(出典:森茉莉/早川暢子編『貧乏サヴァラン』)

・学院にも席をおいて、じつに八面六臂はちめんろっぴ、当時の知識の部門で彼がやってみなかった部門は一つもない、というくらいの学才だったらしいな。
(出典:ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』)

・柳沢は今年に入ってから、GM提携の窓口役として八面六臂の大活躍で、睡眠時間は一日四、五時間しかとっていなかった。
(出典:佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』)

類語

・三面六臂(さんめんろっぴ)
意味:一人で数人分の働きをすること。(出典:デジタル大辞泉)

・縦横無尽(じゅうおうむじん)
意味:どの方面にも限りがないこと。物事を思う存分にすること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・多能(たのう)
意味:多くの技芸を身につけていること。多方面に才能があること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・オールマイティー
意味:なんでも完全にできること。また、そういう人や、そのさま。全能。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました