克服とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

克服

「病を克服する」などのように使う「克服」という言葉。

「克服」は、音読みで「こくふく」と読みます。

「克服」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「克服」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

克服の意味

「克服」には次の意味があります。

努力して困難な問題・状態を解決し乗り越えること。(出典:大辞林 第三版)

「克服」をわかりやすくいうと、「努力して困難に打ち勝つこと」という意味です。
「克」は「力を尽くして成し遂げる」という意味を持つ漢字です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いくら状況が悪化しようとも、最後に父は病気を克服すると信じていたのだ。
(出典:鈴木光司『ループ』)

・自らの手で吃音を克服した少年は、やればできるという自信をものにした。
(出典:水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』)

・人間の力で自然を克服せんとする努力が西洋における科学の発達を促した。
(出典:寺田寅彦『日本人の自然観』)

・技術的問題は、それが技術的問題であるかぎり総て克服可能のはずである。
(出典:山田正紀『氷河民族(流氷民族)』)

・あるものは、人間の存在にさけがたい苦悩と擾乱の克服ではないだろうか。
(出典:宮本百合子『道標』)

スポンサーリンク

類語

打ち破る(うちやぶる)
意味:相手を攻め負かす。撃破する。(出典:大辞林 第三版)

勝利(しょうり)
意味:戦いや争いなどで、相手に勝つこと。(出典:デジタル大辞泉)

打開(だかい)
意味:困難な状態や行き詰まった事情などを切り開いて、解決の糸口をつけること。(出典:デジタル大辞泉)

攻略(こうりゃく)
意味:巧みに攻撃して相手を打ち負かすこと。説得して、相手の意思を変えさせることなどにもいう。(出典:デジタル大辞泉)

克つ(かつ)
意味:欲望などを抑える。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました