傲然とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

傲然

「傲然と構える」などのように使う「傲然」という言葉。

「傲然」は、音読みで「ごうぜん」と読みます。

「傲然」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「傲然」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

傲然の意味

「傲然」には次の意味があります。

おごり高ぶって尊大に振る舞うさま。(出典:デジタル大辞泉)

ほかにも「人を見下すようにえらぶるさま」「誇り高く振舞うさま」という意味でも使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼がそこに巌のように傲然と坐っているのを見ると、僕は昂奮に震えた。
(出典:コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(下)』)

・女が初めて事務所に来た日の、あの傲然とした美しさは、どこへ行ったのか。
(出典:樋口有介『ろくでなし』)

・ひがんでいうわけではないが、あれ以上の傲然は、ないのではないか。
(出典:東海林さだお『ショージ君のにっぽん拝見』)

・彼女はあつと声をあげたが、いきなり男の前に傲然と立ちはだかつた。
(出典:平井肇『ディカーニカ近郷夜話 後篇』)

・すぐにきびしい、皮肉な、傲然とした表情になって顎をしゃくった。
(出典:山田風太郎『明治十手架(下) 山田風太郎明治小説全集14』)

類語

気随(きずい)
意味:自分の思いのままに振る舞うこと。(出典:デジタル大辞泉)

倨傲(きょごう)
意味:おごり高ぶること。(出典:デジタル大辞泉)

傲岸(ごうがん)
意味:おごり高ぶって、いばっていること。(出典:デジタル大辞泉)

驕慢(きょうまん)
意味:おごり高ぶって人を見下し、勝手なことをすること。(出典:デジタル大辞泉)

ふんぞり返る(ふんぞりかえる)
意味:尊大な態度をとる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました