作家とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

作家

「作家として活動している」などのように使う「作家」という言葉。

「作家」は、音読みで「さっか」と読みます。

「作家」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「作家」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

作家の意味

「作家」には次の意味があります。

芸術作品の制作をする人。また、それを職業とする人。特に、小説家。(出典:デジタル大辞泉)

捜索活動を行う人や、その職業の総称として使われます。主に小説家を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わたしは日本の現代の作家たちの中でも大作家の一人ではありません。
(出典:芥川竜之介『露訳短篇集の序』)

・彼等はいまに、自分が時代に遅れたる作家であったことを悟るであろう。
(出典:海野十三『『地球盗難』の作者の言葉』)

・誰もわからずとも、ほかならぬ私だけはこの作家のことを知っている。
(出典:大久保ゆう『朝に想い、夜に省みる』)

・かかる観察、思想に通路を与え方法を与えるものが作家の意慾である。
(出典:坂口安吾『意慾的創作文章の形式と方法』)

・多くの作家のように、自分の作品を云々する言葉も勇気も勿論なかったのだ。
(出典:久坂葉子『久坂葉子の誕生と死亡』)

類語

小説家(しょうせつか)
意味:小説②を創作することを業とする人。文士。作家。(出典:精選版 日本国語大辞典)

文学者(ぶんがくしゃ)
意味:文学作品を作る人。作家・詩人など。(出典:デジタル大辞泉)

文士(ぶんし)
意味:小説家。作家。(出典:精選版 日本国語大辞典)

文豪(ぶんごう)
意味:文学の大家。大作家。(出典:デジタル大辞泉)

文芸家(ぶんげいか)
意味:文芸を専門の仕事とする人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました