事実は小説よりも奇なりとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

事実は小説よりも奇なり

「正に、事実は小説よりも奇なり、だな」などのように使う「事実は小説よりも奇なり」という言葉。

「事実は小説よりも奇なり」は、「じじつはしょうせつよりもきなり」と読みます。

「事実は小説よりも奇なり」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「事実は小説よりも奇なり」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

事実は小説よりも奇なりの意味

「事実は小説よりも奇なり」には次の意味があります。

世の中の実際の出来事は、虚構である小説よりもかえって不思議である。英国の詩人バイロンの言葉。(出典:デジタル大辞泉)

人がつくった物語である小説よりも、実際に起こる出来事の方がかえって奇妙なものである、という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・「事実は小説よりも奇なり」ということばがあるが、これもまさにそれに近いものというべきことであった。
(出典:金達寿『日本の中の朝鮮文化 1』)

・しかし、事実は小説よりも奇なりで、五分後、私は、なんとそのチョビ髭社長に雇われることになっていました。
(出典:吉村達也『ついてくる』)

・ねえ、金田一さん、いままであなたの扱った事件のうちで、そういうふうな、事実は小説よりも奇なりというような事件はありませんか。
(出典:横溝正史『金田一耕助全集 [金田一耕助ファイル2] 横溝正史 「本陣殺人事件」』)

事実は小説よりも奇なりというが、これを又、一生ケンメイに報道している例えば朝日新聞の朝五時十五分脱出、墓参の記というあたり、読んでごらんなさい。
(出典:坂口安吾『安吾巷談』)

事実は小説よりも奇なり、ということは、たしかに有り得る。
(出典:久生十蘭『金狼』)

類語

奇妙きみょう
意味:普通にはない、不思議なこと。珍しいこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

事実じじつ
意味:実際にあった事柄。現実にある事柄。真実のこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

くすし
意味:自然的な霊異をつつしみうやまう気持でいい表わす語。不可思議である。神秘的である。霊妙である。あやしい。くし。(出典:精選版 日本国語大辞典)

珍奇ちんき
意味:めずらしく奇妙なこと。普通とはちがってめったにない変わったさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

珍妙ちんみょう
意味:めずらしく、すぐれていること。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました