亀裂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

亀裂

「亀裂が入る」などのように使う「亀裂」という言葉。

「亀裂」は、音読みで「きれつ」と読みます。

「亀裂」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「亀裂」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

亀裂の意味

「亀裂」には次の意味があります。

亀の甲の模様のように、ひびが入ること。また、その割れ目。ひび割れ。(出典:デジタル大辞泉)

主に、固い物にひびが生じた様子を表します。
また、比喩的に人間関係などに対して使ったりもします。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・まず長さ三メートルほどの細い亀裂が入り、徐々にその幅を広げていく。
(出典:菊地秀行『トレジャー・ハンター07 エイリアン妖山記』)

・二人とも女の子だから、夫婦の亀裂はかなり深刻に影響したはずである。
(出典:渡辺淳一『ひとひらの雪(上)』)

・流れつつ亀裂が何重にも複雑に走り、赤いマグマが闇を走るのが見えた。
(出典:片岡義男『波乗りの島』)

・石自体に亀裂が入ってしまったら、一体どうやって直したらいいんだ?
(出典:縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』)

・夫婦の亀裂といっても、問い詰めてみれば、ただそれだけのことだった。
(出典:渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』)

スポンサーリンク

類語

・罅割(ひびわれ)
意味:ひびがはいること。ひびがはいって、割れ目ができること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・地割れ(じわれ)
意味:日照りや地震などで、地面にひび割れができること。また、その割れ目。(出典:デジタル大辞泉)

・軋轢(あつれき)
意味:仲が悪くなること。(出典:デジタル大辞泉)

・衝突(しょうとつ)
意味:相反する立場・利害などがぶつかって争いとなること。(出典:デジタル大辞泉)

・確執(かくしつ)
意味:互いに自分の意見を強く主張して譲らないこと。また、そのために生じる不和。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました