不明瞭とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不明瞭

「不明瞭な基準」などのように使う「不明瞭」という言葉。

「不明瞭」は、音読みで「ふめいりょう」と読みます。

「不明瞭」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不明瞭」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不明瞭の意味

「不明瞭」には次の意味があります。

はっきりと見えないこと。明らかでないこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「不明瞭」をわかりやすく言うと、ある物事についてあいまいなことで、考え方などがはっきりしない様子をあらわす言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・警察の報告も何とも不明瞭だし、戦戦恐恐とした半月を送ったのだろう。
(出典:京極夏彦『魍魎の匣』)

・やがて、その響きは、さらに不明瞭になって、すっかり聞えなくなった。
(出典:ガードナー/中田耕治訳『幸運の脚』)

・自分の不明瞭な感情をどのように表現していいかわからないのだ。
(出典:花村萬月『幸荘物語』)

・採点の基準が不明瞭であるといえば、これまた確かにその通りではある。
(出典:糸井重里『糸井重里の萬流コピー塾』)

・意識も不明瞭なまま、それから一週間の余も呼吸を続けていた。
(出典:北杜夫『楡家の人びと (下)』)

スポンサーリンク

類語

不明ふめい
意味:あきらかでないこと。はっきりしないこと。よくわからないこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

不鮮明ふせんめい
意味:鮮明でないさま。はっきりしないさま。あきらかでないさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

不透明ふとうめい
意味:事の成り行きや実状などが、はっきり示されないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

不確かふたしか
意味:確かではないさま。あやふや。不確実。(出典:デジタル大辞泉)

朧気おぼろげ
意味:物事がはっきりしないさま。ぼうっとしているさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました