不敬とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不敬

「不敬な言動」などのように使う「不敬」という言葉。

「不敬」は、音読みで「ふけい」と読みます。

「不敬」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不敬」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不敬の意味

「不敬」には次の意味があります。

敬わないこと。敬意を示さず、失礼な言動をすること。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「不敬」をわかりやすく言うと「礼に欠けるさま。敬うことを欠いた状態」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

不敬だと思うこの自分の傾向けいこうがだんだん強くなるので、彼女はまごつく。
(出典:モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』)

・もちろんこれによってその向きが不敬であるとか、そんなことのためではない。
(出典:赤瀬川原平『じろじろ日記』)

・ほかの人物を陛下と呼ぶのは、ときの天子にたいして不敬にあたるのだ。
(出典:陳舜臣『秘本三国志 6 (六)』)

・法律的にインチキなのは大本教が広義において不敬な点だけにあるのだ。
(出典:戸坂潤『思想と風俗』)

・何か不敬漢でもあらわれたかのように、互いに呼びかわすものがある。
(出典:島崎藤村『夜明け前』)

類語

失礼(しつれい)
意味:礼儀や礼式を欠くこと。礼儀をわきまえないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

無礼(ぶれい)
意味:相手を軽んじたり、あなどったりして、無礼であるさま。失礼であるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

非礼(ひれい)
意味:礼でないこと。礼儀にはずれること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

欠礼(けつれい)
意味:礼儀を欠くこと。あいさつをしないこと。失礼。(出典:デジタル大辞泉)

失敬(しっけい)
意味:人に対して敬意を欠くこと。無礼なさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました