不振とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不振

「ケガで成績不振」などのように使う「不振」という言葉。

「不振」は、音読みで「ふしん」と読みます。

「不振」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不振」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不振の意味

「不振」には次の意味があります。

勢い・成績・業績などがふるわないこと。盛んでないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「不振」をわかりやすく言うと、勉強や事業や研究などが思うような成果がだせず伸び悩むことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・バッティングの不振は前年、一九七二年から始まっていた。
(出典:山際淳司『男たちのゲームセット』)

・異常気象による食糧危機だと言われたが、農業不振はそのあとも続いている。
(出典:半村良『ラヴェンダーの丘』)

・客は昼前、日足が進むにつれてはいってきたが、むしろ不振であった。
(出典:ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』)

・粗末ではなかったが、不振の食欲を刺激するような味のものではなかった。
(出典:田中芳樹『タイタニア2-暴風編』)

・つまり、自分の失敗や不振を他人のせいにすることはあっただろうか。
(出典:田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 朝の夢、夜の歌』)

スポンサーリンク

類語

沈滞ちんたい
意味:活気がなく、進歩・発展の動きがみられないこと。意気が上がらずに停滞していること。(出典:デジタル大辞泉)

惰眠だみん
意味:なまけて眠ること。転じて、何もしないで怠けていること。活気のまるでないこと。(出典:デジタル大辞泉)

不活化ふかつか
意味:本来の働きを失わせる作用。特に、ウイルスなどの感染力や毒性を失わせることについていう。(出典:デジタル大辞泉)

不調ふちょう
意味:事がうまくととのわないこと。まとまらないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

スランプslump
意味:身の調子が一時的に不振になっている状態。また、実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました