不憫とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不憫

「不憫に思う」などのように使う「不憫」という言葉。

「不憫」は、音読みで「ふびん」と読みます。

「不憫」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不憫」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不憫の意味

「不憫」には次の意味があります。

かわいそうなこと。気の毒なこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「不憫」とは主に人物に対して哀れみや同情の意味をこめてつかう言葉です。
「不憫に思う」は「相手に対する同情の意味をこめてかわいそうに思うこと」を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だれかのことを不憫に思っているような、すこし哀しげな表情だった。
(出典:賀東招二『フルメタル・パニック!3 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』)

・今の学生諸君の身の上が、なんだか不憫に思われて来たのであります。
(出典:太宰治『心の王者』)

・これまでどんな暮しをしていたのか、と不憫に思えてならない。
(出典:千葉暁『アルス・マグナ1 大いなる秘法 白き魔王』)

・亡くなった彼のことが不憫でならなかった。
(出典:片山恭一『雨の日のイルカたちは』)

・それを思うと不憫でやり切れない。
(出典:宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』)

類語

・惨め(みじめ)
意味:かわいそうで見るにしのびないさま。いたいたしいさま。(出典:デジタル大辞泉)

・哀れ(あわれ)
意味:強い心の動き。特に悲哀・哀憐の感情。(出典:デジタル大辞泉)

・可哀想(かわいそう)
意味:人の同情をさそうようなさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・気の毒(きのどく)
意味:他人の不幸や苦痛などに同情して心を痛めること。(出典:デジタル大辞泉)

・同情(どうじょう)
意味:他人の気持や境遇、特に悲哀や不幸を、その身になって思いやること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました