一瞥とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一瞥

「彼を一瞥する」などのように使う「一瞥」という言葉。

「一瞥」は、前が訓読み、後ろが音読み(湯桶読み)で「いちべつ」と読みます。

「一瞥」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一瞥」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一瞥の意味

「一瞥」には次の意味があります。

ちらっと見ること。ちょっとだけ見やること。(出典:デジタル大辞泉)

俗な言い方をすれば「チラ見」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・濃い灰色をした海を一瞥して、氷がまだやって来ていないのを確かめた。
(出典:カヴァン『氷』)

一瞥したところ、どこにも彼を待っているらしい表情の人物はいなかった。
(出典:小松左京『さよならジュピター』)

・エルフはじろりと三人に一瞥をくれると、そのまま椅子に腰を下ろした。
(出典:ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』)

・博士は聴衆の頭上に、満足の一瞥を投げながら、悠揚として語り出した。
(出典:平林初之輔『人造人間』)

・スンネはおびえたような一瞥をローヴォスへ向けて、皿に眼を落とした。
(出典:イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』)

類語

一目(ひとめ)
意味:一度見ること。ちょっと見ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

窺う(うかがう)
意味:すきまなどから、ひそかにのぞいて見る。(出典:デジタル大辞泉)

垣間見る(かいまみる)
意味:物のすきまから、こっそりとのぞき見る。また、ちらっと見る。物事のようすなどの一端をうかがう。(出典:デジタル大辞泉)

瞥見(べっけん)
意味:ちらっと見ること。ざっと目を通すこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

打見(うちみ)
意味:ちらっと見たところ。ちょっと見。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました