一目置くとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一目置く

「彼には一目置いている」などのように使う「一目置く」という言葉。

「一目置く」は、音読みで「いちもくおく」と読みます。

「一目置く」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一目置く」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一目置くの意味

「一目置く」には次の意味があります。

自分より相手が優れていることを認め、一歩を譲る。強めて「一目も二目も置く」ともいう。(出典:デジタル大辞泉)

「一目置く」という言葉は、は囲碁で弱いほうが先に一つ石を置いて、勝負を始めることが由来の言葉です。
相手の能力が自分より優れていることを認め、敬意をはらっているということを表すために使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もっちゃんの食い意地の強さといえば、さすがの俺も一目置くほどである。
(出典:万城目学『ホルモー六景』)

・いまでは、あの惠瓊も宇喜多秀家も皆、自分に一目置くようになっていた。
(出典:茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実』)

・そしてその時から友之進殿には一目置くようになりました。
(出典:宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』)

・やがて姉も母も、この利発な一年生には一目置くようになった。
(出典:赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』)

・町にも横中の生徒には一目置く風があった。
(出典:高井有一『立原正秋』)

類語

有能ゆうのう
意味:才能のあること。(出典:デジタル大辞泉)

逸材いつざい
意味:人並み以上にすぐれた才能。(出典:デジタル大辞泉)

異才いさい
意味:人並みでないすぐれた才能。(出典:デジタル大辞泉)

秀才しゅうさい
意味:非常にすぐれた学問的才能。(出典:デジタル大辞泉)

賢人けんじん
意味:聖人に次いで徳のある人。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました