一事が万事とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一事が万事

「一事が万事で考える」などのように使う「一事が万事」という言葉。

「一事が万事」は、音読みで「いちじがばんじ」と読みます。

「一事が万事」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一事が万事」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一事が万事の意味

「一事が万事」には次の意味があります。

わずか一つの物事から、他のすべてのことを推し量ることができる。一つの小さな事柄の調子が他のすべての場合に現れる。(出典:デジタル大辞泉)

小さな一つのことが全てのことを表しているという例えを表す言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・このように、私は一事が万事、気がつかなくて終わっていく性格なのです。
(出典:北川悦吏子『おんぶにだっこ』)

・朝飯など小さな例のひとつにすぎませんが、一事が万事なのです。
(出典:色川武大『恐婚』)

・之は一例に過ぎないが、一事が万事であったのである。
(出典:戸坂潤『世界の一環としての日本』)

一事が万事この調子で少年諸君の親となってくれていた。
(出典:相馬愛蔵『私の小売商道』)

・こういうありさまで、一事が万事教会側のいささかの憐憫もなしに取り行なわれる。
(出典:中山省三郎『カラマゾフの兄弟』)

類語

一滴舌上に通じて大海の塩味を知る(いってきぜつじょうにつうじてたいかいのえんみをしる)
意味:海水の一滴を舌で味わえば、大海全体の水が塩辛いことがわかる。物事の一部を知れば全体が推測できることのたとえ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

一斑を見て全豹を卜す(いっぱんをみてぜんぴょうをぼくす)
意味:物事の一部を見てその全体を推し量る。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました