リスクとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リスク

「リスクを避ける」などのように使う「リスク」という言葉。

英語では「risk」と表記します。

「リスク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リスク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リスクの意味

「リスク」には次の意味があります。

危険の生じる可能性。危険度。また、結果を予測できる度合い。予想通りにいかない可能性。(出典:デジタル大辞泉)

「リスクを避ける」とは危険や予想通りにいかないことが生じる可能性を避けることです。確実な方法や安全な道を選ぶことと近い意味となります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しかしここで手にするすべてのものにはリスクが含まれている。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK3』)

・わたしは不意に、自分が恐ろしいリスクに突進してゆきそうな気がした。
(出典:ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』)

・そのリスクを冒してまでも彼らを殺さなければならない理由とは何だろう。
(出典:三雲岳斗『レベリオン 第1巻』)

・仕事はフリーなので、リスクを覚悟すれば嫌な仕事は断ることができる。
(出典:山本文緒『結婚願望』)

・昼だろうと夜だろうと、襲撃のリスクは変わらないと思ったんだな。
(出典:山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』)

類語

危難(きなん)
意味:生命にかかわるような災難。(出典:デジタル大辞泉)

危殆(きたい)
意味:あやういこと。非常にあぶないこと。また、そのさま。危険。(出典:デジタル大辞泉)

冒険(ぼうけん)
意味:危険な状態になることを承知の上で、あえて行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

一髪千鈞(いっぱつせんきん)
意味:ひとすじの細い髪の毛で千鈞の重さのものを引く。非常に危険なことをするたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

薄氷を踏む(はくひょうをふむ)
意味:ひじょうに危険な状況にのぞむことのたとえ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました