リアリティーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リアリティー

「リアリティーを追及する」などのように使う「リアリティー」という言葉。

「リアリティー」は、英語で「reality」と表記します。

「リアリティー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リアリティー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リアリティーの意味

「リアリティー」には次の意味があります。

現実感。真実性。迫真性。(出典:デジタル大辞泉)

似た言葉のリアルは「現実」という意味になります。リアリティーは「現実性」を意味し、創造的現実を表したいときにリアリティーが使われます。レアリテはフランス語の言い方で、意味はリアリティーと同じです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あなたからしか謂わばあなたの体のリアリティーは知ることが出来ない。 
(出典:宮本百合子『獄中への手紙』)

・この写真は云うまでもなく最も具体的な現実的リアリティーを有っている。
(出典:戸坂潤『思想と風俗』)

・今の、この疲れ切った様子で会見した方がリアリティーがあるだろう。 
(出典:赤川次郎『やさしい季節 下』)

・ケータイ小説に「リアリティー」がないのは、ある意味では当然なのだ。 
(出典:石原千秋『ケータイ小説は文学か』)

・どの言葉が社会性を獲得してリアリティーを失うことなく残っていくか楽しみである。
(出典:つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』)

類語

アクチュアリティー
意味:現実性。現実み。現実。(出典:デジタル大辞泉)

現実性げんじつせい
意味:現実に存在するものとしての性質や性格。現にあるもののあり方。また、実現可能と思われる情勢。(出典:精選版 日本国語大辞典)

あら
意味:この世に現に存在しているもの。現実。夢・虚構などに対していう。(出典:デジタル大辞泉)

現実げんじつ
意味:事実として目の前にあらわれているものごとや状態。(出典:精選版 日本国語大辞典)

現実味げんじつみ
意味:現実であるという感じ。事実としてある感じ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました