メンテナンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

メンテナンス

「ビルのメンテナンス」などのように使う「メンテナンス」という言葉。

英語では「maintenance」と表記します。

「メンテナンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「メンテナンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

メンテナンスの意味

「メンテナンス」には次の意味があります。

維持。管理。(出典:デジタル大辞泉)

たとえば「ビルのメンテナンス」は、「ビルの維持・管理」という意味となります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・四人とも深夜の東京駅で新幹線のメンテナンス作業をしているからだ。
(出典:盛田隆二『サウダージ』)

・古いというよりメンテナンスできなくなったために風前の灯火となっている。
(出典:野尻抱介『太陽の簒奪者 (ハヤカワ文庫)』)

・だが、メンテナンスの工場が地下にあるならば無事なものが残っている可能性もある。
(出典:雨木シュウスケ『聖戦のレギオスI 眠りなき墓標群』)

・大切にメンテナンスをしてあげないとすぐに故障する。
(出典:榊涼介『ガンパレード・マーチ 5-5121小隊 episode ONE』)

・一日一回のメンテナンスの時以外、普通の服を着ていた。
(出典:山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』)

類語

維持(いじ)
意味:物事の状態をそのまま保ちつづけること。(出典:デジタル大辞泉)

整備(せいび)
意味:すぐ役立つように準備したり整えたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

オーバーホール
意味:機械などを分解して点検や修理を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

保全(ほぜん)
意味:保護して安全であるようにすること。(出典:デジタル大辞泉)

補修(ほしゅう)
意味:壊れたり、傷んだりした部分をつくろうこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました