メリットとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

メリット

「メリットしかない」などのように使う「メリット」という言葉。

英語では、「merit」と表記します。

「メリット」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「メリット」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

メリットの意味

「メリット」には次の意味があります。

利点。価値。(出典:デジタル大辞泉)

メリットには他にも意味がありますが、ほとんどがこの意味で使われます。
「なんのメリットもない」であれば、「なんの利点(価値)もない」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いつまでも同じ集団でいるメリットはあんまりなさそうでもあるしな。
(出典:谷川流『11 涼宮ハルヒの驚愕(後)』)

・自分の天性のメリットを最高に利用しなければならない。
(出典:森村誠一『新幹線殺人事件』)

・しかし同数の場合は早く提出した方が優先されるというメリットもある。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』)

・不確定要素が多く危険だったとはいえ、成功したときのメリットは大きい。
(出典:佐竹彬『カクレヒメ 第1巻』)

・それはやはり、今更離婚しても大したメリットはないということだろう。
(出典:山本文緒『結婚願望』)

類語

利点(りてん)
意味:有利な点。(出典:精選版 日本国語大辞典)

価値(かち)
意味:その事物がどのくらい役に立つかの度合い。(出典:デジタル大辞泉)

冥利(みょうり)
意味:仏菩薩が知らず知らずの間に与える利益。(出典:精選版 日本国語大辞典)

佳所(かしょ)
意味:すぐれている点。(出典:精選版 日本国語大辞典)

美点(びてん)
意味:美しい点。よい点。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました