マージンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

マージン

「マージンを取る。」などのように使う「マージン」という言葉。

英語では「mergin」と表記します。

「マージン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「マージン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

マージンの意味

「マージン」には次の二つの意味があります。

1 原価と売値との差額。利ざや。
2 ページの欄外。余白。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

マージンの意味①「原価と売値との差額。利ざや。」

「マージン」の一つ目の意味は「原価と売値との差額。利ざや。」です。

この意味の「マージン」は、売買取引で得た差額の利益の事です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・客に仕立てだけではなく布地も売るとマージンが大きいものらしい。
(出典:平岩弓枝『湯の宿の女』)

・あれだけ大きく安全マージンを取りながら、効率を低下させないのは凄いことなんです!
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 3 九校戦編 <上>』)

・きっとそれ以上のマージンでさばいているんだろう。
(出典:山川方夫『その一年』)

・かなりきついマージンとられるけど、背に腹はかえられん、いうとこですな。
(出典:黒川博行『キャッツアイころがった』)

類語

・利鞘(りざや)
意味: 取引市場で、売買取引によって得た差額の利益金。(出典:精選版 日本国語大辞典)

マージンの意味②「ページの欄外。余白。」

「マージン」の二つ目の意味は「ページの欄外。余白。」です。

この意味の「マージン」は、「ある部分に余裕がある状態」を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わずか数ミリのマージンを残してコーナーをクリアし、直線飛行に戻りながらほっとひと息。(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第11巻 -超硬の狼』)

デザイン学ではいかにマージンを活用するかが重要だ。

Wordでマージン幅の調整を間違えて論文を提出してしまった。

類語

欄外(らんがい)
意味:書籍・新聞・印刷物などの、印刷部分の外。(出典:デジタル大辞泉)

余白(よはく)
意味:文字などを書いてある紙面で、何も記されないで白いままで残っている部分。(出典:精選版 日本国語大辞典)

空白(くうはく)
意味:紙面などの、本来文字があるべき部分に何も書いてないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました