マーケティングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

マーケティング

「マーケティングの部署に所属している」などのように使う「マーケティング」という言葉。

英語では「marketing」と表記します。

「マーケティング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「マーケティング」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

マーケティングの意味

「マーケティング」には次の意味があります。

消費者の求めている商品・サービスを調査し、供給する商品や販売活動の方法などを決定することで、生産者から消費者への流通を円滑にする活動。(出典:大辞林 第三版)

「マーケティング」は、言い換えると「市場戦略」という言葉になります。
顧客や消費者の求めているものを正しく把握し、市場に対して切り込んでいく、ビジネスにおいて重要な手法・活動であると言えます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・田中は選挙活動にマーケティング手法を取り入れた最初の男であろう。
(出典:水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』)

・本が出て一か月は、ほとんど毎日彼女のマーケティング・リサーチの結果報告の電話が入った。
(出典:群ようこ『無印良女』)

・独自の商品を作り、マーケティングをして自分自身の販路を築くことが大事だと思っていましたから、喜んで移籍しました。
(出典:城山三郎『勝 つ 経 営』)

・だが発表や出荷のスケジュールを睨んだマーケティングの準備は、絶望的に遅れていた。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・当時ユーノスの親会社だったマツダは、いつもマーケティングに失敗する。
(出典:垣根涼介『ヒート アイランド』)

スポンサーリンク

類語

販売促進(はんばいそくしん)
意味:売り手が、買い手の購買心を刺激し、商品を購入させるために行う組織的な活動。(出典:デジタル大辞泉)

セールス・プロモーション
意味:広告・宣伝や商品化計画・販売店援助などによる、商品販売を促進するための活動。(出典:精選版 日本国語大辞典)

市場調査(しじょうちょうさ)
意味:企業が財貨やサービスの生産・流通・消費に関して、顕在または潜在する事実の収集・記録・分析をすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

集客(しゅうきゃく)
意味:客を集めること。また、客が集まること。(出典:デジタル大辞泉)

営業(えいぎょう)
意味:会社で、得意先を回って商品を売り込んだり、取引先を新規に開拓するために商品の紹介をしたりすること。(出典:Wiktionary日本語版)

タイトルとURLをコピーしました