マネージメントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

マネージメント

「俳優のマネージメントをする」などのように使う「マネージメント」という言葉。

英語では「management」と書きます。

「マネージメント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「マネージメント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

マネージメントの意味

「マネージメント」には次の二つの意味があります。

1経営などの管理をすること。
2経営者。管理者。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

マネージメントの意味①「経営などの管理をすること。」

「マネージメント」の一つ目の意味は「経営などの管理をすること。」です。

物事を運営し、企業を発展させていくことをいいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わたしはきみたちのマネージメントをしたいといってるだけだ。
(出典:石田衣良『アキハバラ@DEEP』)

・さらにHAMの社長を経験したことで、マネージメントも勉強した。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・あたしたちのスーパー・バンドができたら、彼がマネージメントしてもうける。
(出典:喜多嶋隆『ポニー・テールは、ふり向かない (ポニー・テールシリーズ1)』)

・費用計算できないと、えらそうにマネージメントできないでしょう。
(出典:平安寿子『くうねるところすむところ』)

類語

指導(しどう)
意味:ある目的・方向に向かって教え導くこと。(出典:デジタル大辞泉)

運営(うんえい)
意味:団体などの機能を発揮させることができるように、組織をまとめて動かしていくこと。(出典:デジタル大辞泉)

経営(けいえい)
意味:物事のおおもとを定めて事業を行なうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

切り盛り(きりもり)
意味:物事をうまく処理すること。切り回し。(出典:デジタル大辞泉)

マネージメントの意味②「経営者。管理者。」

「マネージメント」の二つ目の意味は「経営者。管理者。」です。

この意で使われる場合、いくつかの種類で分けられますが、主な仕事内容は「あてがわれた経営方針などを管理する」ということに変わりありません。。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・本来、マネージメントの人で船の専門家ではないということだが、乗客に質問を受ける機会も多いのだろう。
(出典:田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿04 クレオパトラの葬送』)

・祥子の会社はモデルのギャラから、三割をマネージメント料としてもらっている。
(出典:林真理子『美食倶楽部』)

・ポートフォリオ型の企業はマネージメントのコントロールを厳しくやる。
(出典:城山三郎『勝 つ 経 営』)

・それを取りたてる業者が、マネージメントの事務所を使って仕事をさせて回収していく。
(出典:大崎善生『アジアンタムブルー』)

類語

取締役(とりしまりやく)
意味:株式会社で、取締役会の構成員として、会社の業務執行に関する意思決定に参加する者。(出典:デジタル大辞泉)

監督(かんとく)
意味:指図をしたり見張ったりして、取り締ること。また、その人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

差配(さはい)
意味:所有主の代わりに貸地・貸家などの管理をすること。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

幹部(かんぶ)
意味:団体、会社などで中心となる者。首脳。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました