ポラリスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ポラリス

「この星とポラリスとの中間あたりに位置している」などのように使う「ポラリス」という言葉。

英語では「Polaris」と表記します。

「ポラリス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ポラリス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ポラリスの意味

「ポラリス」には次の二つの意味があります。

1 北極星のこと。
2 米国が世界で初めて開発した潜水艦発射用の中距離弾道弾
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

ポラリスの意味①「北極星のこと。」

「ポラリス」の一つ目の意味は「北極星のこと。」です。

ポラリスはこぐま座で最も明るい恒星で2等星で、 現在の北極星です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

ポラリスをにらんで方位の見当だけはつきましたが、位置はつかめません。
(出典:ペルシーレス(上))

・部屋の北の窓から見れば、ポラリスが不気味な光を放って輝いている。 
(出典:ラヴクラフト全集7−4北極星)

・太陽からは八分と十九秒、ポラリスは千年前の光を我々に見せているのだということ。
(出典:匣の中の失楽)

ポラリスのネックレスをあらかじめ宝石デザイナーと契約し、制作資金にあてたそうだ。
(出典:好きになってはいけない国。韓国発!日本へのまなざし)

ポラリスの意味②「米国が世界で初めて開発した潜水艦発射用の中距離弾道弾。」

「ポラリス」の二つ目の意味は「米国が世界で初めて開発した潜水艦発射用の中距離弾道弾。」です。

この意味の「ポラリス」は「アメリカの潜水艦のミサイル」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この島にはポラリス潜水艦の基地もあるのだ。
(出典:あれこれ好奇心)

・艦腹にひそかに積んでいるA二型射程二千八百キロの核弾頭ミサイル・ポラリスの出る幕は無い。
(出典:戦いの肖像)

ポラリスは水中からも発射出来るが、あとの二十四発は、島のまわりの断崖にあって、カモフラージュの覆いをつけられている銃眼のうしろに配置された。
(出典:戦いの肖像)

・当初潜水艦から発射する戦略ミサイル、ポラリスの姿勢制御システムを担当した父は、その後コンピューターを利用して集積回路の設計を行う部門、人工衛星関連の部門など、エレクトロニクスの最先端にかかわる分野に携わり続けた。
(出典:パソコン創世紀)

タイトルとURLをコピーしました