ポテンシャルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ポテンシャル

「事故のポテンシャルを予測する」などのように使う「ポテンシャル」という言葉。

英語表記では「potential」と書きます。

「ポテンシャル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ポテンシャル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ポテンシャルの意味

「ポテンシャル」には次の意味があります。

・潜在的な力。可能性としての力。(出典:デジタル大辞泉)

ポテンシャルは「潜在能力」と訳されることもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そこにはポテンシャル・エナージーの無限の差の世界が横たわっている。
(出典:戸坂潤『認識論とは何か』)

・政治体制の持つポテンシャルに眼を向けた時には一概に国力の差とはいえまい。
(出典:富野由悠季『機動戦士ガンダムⅢ』)

・それにしても、まさか美春までもがここまでのポテンシャルを有するとは。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』)

・早い話が、ここでイツキのポテンシャルパワーが発揮されたのである。
(出典:谷川流『涼宮ハルヒの動揺』)

・それぞれのいちばんポテンシャルの低いエロス的安堵の状態を求めて。そのことにはどこにも異常はない。
(出典:吉本隆明『悲劇の解読』)

類語

潜在的能力(せんざいのうりょく)
意味:表面には表れず内にひそんで存在すること。(出典:デジタル大辞泉)

可能性(かのうせい)
意味:物事が実現できる見込み。(出典:デジタル大辞泉)

必然性(ひつぜんせい)
意味:必ずそうなると決まっていて、それ以外にはありえないという要素・性質。(出典:デジタル大辞泉)

偶然性(ぐうぜんせい)
意味:期しないことが起こる要素・性質。(出典:デジタル大辞泉)

・長所(ちょうしょ)
意味:性質や性能などで、すぐれているところ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました