ポストとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ポスト

「ポストを守る」などのように使う「ポスト」という言葉。

英語では「post」と表記します。

「ポスト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ポスト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ポストの意味

「ポスト」には次の三つの意味があります。

1 地位。役職。また、持ち場。部署。
2 支柱。杭。
3 コンピューターネットワークを通じて、決められた場所にデータを送ること。

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

ポストの意味①「地位。役職。また、持ち場。部署。」

「ポスト」の一つ目の意味は「地位。役職。また、持ち場。部署。」です。

「重要なポストに就く」や「ポストを失う」のように使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・現在の情報部部長は、かつてそのポストに就任したものの中で最も若い。
(出典:津守時生『喪神の碑番外編 オセロ・ゲーム (The Beans 01)』)

・それゆえ、この若さで、開発部の部長のポストを用意されたわけである。
(出典:岩本隆雄『イーシャの舟』)

・つまり、あいつは二十五年もの間、他人のポストを占めてたってわけだ。
(出典:チェーホフ/原卓也訳『ワーニャ伯父さん』)

類語

身分(みぶん)
意味:ある集団・組織における、その人の地位・資格(出典:デジタル大辞泉)

位地(いち)
意味:くらい。地位。(出典:デジタル大辞泉)

立場(たちば)
意味:その人の置かれている地位や境遇。また、面目。(出典:デジタル大辞泉)

ポストの意味②「支柱。杭。」

「ポスト」の二つ目の意味は「支柱。杭。」です。

物が倒れたりしないように支えるための棒という意味だが、転じて人や家、国等の支えとなる人物を表す事もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・両サイドに三本ずつ、十五メートルの高さのゴールポストが立っている。
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』)

・撮影現場はマイル・ポスト三〇五地点の踏切のところと聞いていた。
(出典:阿川弘之『南蛮阿房第2列車』)

・はどなく重装甲はサッカーのゴールポストを握り締めて戻ってきた。
(出典:榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』)

類語

主柱(しゅちゅう)
意味:建築物を支える中心の柱。転じて、全体を支える最も重要なもの。(出典:デジタル大辞泉)

柱石(ちゅうせき)
意味:柱といしずえ。転じて、柱ともいしずえとも頼む人。(出典:デジタル大辞泉)

要(かなめ)
意味:ある物事の最も大切な部分。要点。(出典:デジタル大辞泉)

ポストの意味③「コンピューターネットワークを通じて、決められた場所にデータを送ること。」

「ポスト」の三つ目の意味は「コンピューターネットワークを通じて、決められた場所にデータを送ること。」です。

主にSNSの普及によって投稿をする事を言う言葉として使われるようになりました。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・Facebookに投稿をポストする。

・昨日ポストした投稿について、友人と議論をする。

ポストされた投稿に返信をする。

類語

送付(そうふ)
意味:送り届けること。送りわたすこと。(出典:デジタル大辞泉)

転送(てんそう)
意味:情報を他へ送ること。(出典:デジタル大辞泉)

格納(かくのう)
意味:物を一定の場所に納め入れること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました