ベンチャーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ベンチャー

「ベンチャー企業に就職する」などのように使う「ベンチャー」という言葉。

英語では「venture」と表記します。

「ベンチャー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ベンチャー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ベンチャーの意味

「ベンチャー」には次の意味があります。

冒険的な試み。投機的事業。(出典:精選版 日本国語大辞典)

上記の意味のほかに「革新的な」や「振興の」といった意味でも使用されることがあります。
また、新興の企業を「ベンチャー企業」とも呼びますが、単に「ベンチャー」で「ベンチャー企業」のことを指す場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・名前も聞いたことないベンチャーのわりに、資金力が異様に豊富でさ。
(出典:九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』)

・いわゆるベンチャー企業の旗手として、経済誌で何度か特殊されたこともある。
(出典:大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』)

・ 人殺しをした頃の彼の仕事は、ベンチャー・ビジネスだったようです。 
(出典:野田秀樹『この人をほめよ』)

・現代のことばでいえば、まさに、ベンチャー・ビジネスそのものであった。
(出典:飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』)

・一つは、日本電気の内部で起こった、企業内ベンチャーとも呼ぶべき動きです。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

類語

スペキュレーション
意味:投機。思わく。(出典:デジタル大辞泉)

新興企業(しんこうきぎょう)
意味:新しく設立された企業。設立から間もなく、規模や経営基盤などが小さい企業。特に、ベンチャー企業をさす。(出典:デジタル大辞泉)

投機(とうき)
意味:将来の価格の変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる商品や有価証券などの売買。(出典:デジタル大辞泉)

冒険(ぼうけん)
意味:危険な状態になることを承知の上で、あえて行うこと。成功するかどうか成否が確かでないことを、あえてやってみること。(出典:デジタル大辞泉)

起業(きぎょう)
意味:新しく事業を始めること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました