プロパガンダとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プロパガンダ

「社会的問題はプロパガンダに利用される」などのように使う「プロパガンダ」という言葉。

英語では「propaganda」と表記します。

「プロパガンダ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プロパガンダ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プロパガンダの意味

「プロパガンダ」には次の意味があります。

・広く触れ知らせること。宣伝。多く思想や教義などの宣伝をいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「プロパガンダ」をわかりやすく言うと、「発信者側の特定の思想や強いメッセージを確実に知らしめることを最優先とした、時に誇張された形での宣伝」という意味になります。伝えたい内容を受け取ってもらうため、発信側の主張が強く反映された形式になりやすく、ネガティブな意味合いで使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・宗教団体によくあるプロパガンダ臭は一切排除されていた。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK1』)

・今の話が、戦意を失わせるためのプロパガンダである可能性は否定できない。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第20巻』)

プロパガンダのような、広告のコピーのようなものをせっせと書いた。
(出典:赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』)

・吾々はここで技術のプロパガンダや技術的出版界に就いて考えて見なければならないだろう。
(出典:戸坂潤『技術の哲学』)

・病棟の看護婦が、入院中にあんたのプロパガンダ用の番組を見ていたと教えてくれた。
(出典:アン・マキャフリイ『短編集/塔のなかの姫君)

類語

・マインドコントロール
意味:精神を管理・制御すること(出典:精選版 日本国語大辞典)

・プロモーション
意味:広義では広告、販売促進、パブリシティ、人的販売の総称。(出典:ナビゲート ビジネス基本用語集)

・宣伝(せんでん)
意味:多数の人々の態度や行動に働きかけて,一定の方向に操作しようとする意図的,組織的試み。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

・情報操作(じょうほうそうさ)
意味:報道機関の取材、編集、報道の一連の活動に介入して、その内容や社会への提示の仕方に影響を及ぼし、究極的には世論形成に操作を加えようとする行為。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

・アナウンス
意味:放送によってニュースや案内などを告げること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました