プロバイダーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プロバイダー

「プロバイダーと契約する。」などのように使う「プロバイダー」という言葉。

英語では「provider」と表記します。

「プロバイダー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プロバイダー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プロバイダーの意味

「プロバイダー」には次の意味があります。

インターネットに接続するためのサーバーや回線などを提供する業者。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「プロバイダー」をわかりやすく言えば、「インターネットにつなげる接続業者」という意味です。
私たちはプロバイダーと契約することで、インターネットに接続するための手続きを代わりにしてもらいます。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

プロバイダーの使い方・例文

・現地プロバイダーを探して契約、というのは数日しかいないところではきついし。
(出典:井上トシユキ,神宮前.org『2ちゃんねる宣言 挑発するメディア』)

・コンピューターを買ったばかりの私は、インターネットのプロバイダー元でもあるその店と契約したはいいのだが、接続の仕方や使い方がよくわからない。
(出典:坂東眞砂子『13のエロチカ』)

・通常プロバイダーは使用者の詳細を教えることはないが、犯罪にかかわっているとなれば話は別。
(出典:楡周平『マリア・プロジェクト』)

・インターネット接続のためのプロバイダー契約をすれば、それだけで二千円は取られるからだ。
(出典:松永真理『iモード事件』)

プロバイダーに支払う金を節約しているため、自前ではネットに接続できない。
(出典:貴志祐介『硝子のハンマー』)

スポンサーリンク

類語

ISP(あいえすぴー)
意味:インターネット・サービス・プロバイダーの略称。(出典:パソコンで困ったときに開く本)

中継(ちゅうけい)
意味:二者の間に立って取り次ぐこと。(出典:デジタル大辞泉)

通信事業者(つうしんじぎょうしゃ)
意味:固定電話や携帯電話などの通信サービスを提供する事業者。(出典:日本大百科全書)

タイトルとURLをコピーしました