プロデュースとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プロデュース

「共同でプロデュースする」などのように使う「プロデュース」という言葉。

英語では「produce」と表記します。

「プロデュース」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プロデュース」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プロデュースの意味

「プロデュース」には次の意味があります。

映画、演劇、テレビ、ラジオなどで、作品や番組を企画・制作すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「共同でプロデュースする」で「複数の作り手が力を合わせて作品を企画・制作する」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・芸術演劇ユニオンは舞台のプロデュースでは長い歴史と実績を誇っていた。
(出典:石田衣良『下北サンデーズ』)

・萩原は現在、様々な事業のプロデュースを請け負う仕事をしていた。
(出典:東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』)

・彼は原則として自分のプロデュースする歌手にはとことん惚れこまねばならぬと考えている。
(出典:栗本薫『真夜中の天使1』)

・このアルバムはまたプロデュースの勝利でもある。
(出典:浜野サトル『新都市音楽ノート』)

・キクプロ御用のテレビ番組の製作や映画のプロデュースをやっている会社である。
(出典:森村誠一『新幹線殺人事件』)

類語

制作(せいさく)
意味:芸術作品などを作ること。(出典:デジタル大辞泉)

企画(きかく)
意味:ある事を行うために計画をたてること。また、その計画。くわだて。(出典:デジタル大辞泉)

生み出す(うみだす)
意味:新しいもの、今までなかったものを作り出す。また、新しいことを考え出す。(出典:デジタル大辞泉)

手掛ける(てがける)
意味:みずからその物事を扱う。(出典:デジタル大辞泉)

運営(うんえい)
意味:団体などの機能を発揮させることができるように、組織をまとめて動かしていくこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました