プランテーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プランテーション

「プランテーション農場で働く」などのように使う「プランテーション」という言葉。

「プランテーション」は、英語で「plantation」と書きます。

「プランテーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プランテーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プランテーションの意味

「プランテーション」には次の意味があります。

近世植民制度から始まった前近代的農業大企業およびその大農園。熱帯・亜熱帯地域の植民地で、黒人奴隷や先住民の安い労働力を使って世界市場に向けた単一の特産的農産物を大量に生産した。(出典:デジタル大辞泉)

17、18世紀以降に先進資本主義国列強によって世界的に植民地化が進む過程で、熱帯亜熱帯アジア・アフリカ・ラテンアメリカなどの地域を中心に形成された大土地所有に基づく単一作物企業農園を指します。
古くは、劣悪な労働条件のもとに先住民や海外から移入された奴隷や労働者を酷使したという歴史があります。
育てられる作物は、コーヒー・砂糖・綿花・タバコ・茶・ゴム・バナナなどが当たります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・陸地の濃い緑の中にはゴムの木のプランテーションで働く人たちが。
(出典:野尻抱介『ロケットガール(全4巻) ロケットガール 4』)

・フィリピンでは、パルプの原料のためのプランテーションにて栽培されている。

・多くのプランテーションが高収益だったので、農園主は郡や市で社会的特権階級を形成した。

・島の北海岸にある北部平原と呼ばれる地域が最も土地の肥えた所であり、大きな砂糖プランテーションがあった。

・主にアフリカの各所から多くの奴隷がカリブ海の植民地に輸出され、プランテーションでの労働力とされた。

類語

植民地(しょくみんち)
意味:ある国からの移住者によって経済的に開発され、その国の新領土となって本国に従属する地域。武力によって獲得された領土についてもいう。(出典:デジタル大辞泉)

モノカルチュア(monoculture)
意味:一種類の作物だけを栽培すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

単作(たんさく)
意味:同一の耕地に1種類の作物だけを栽培する方式をいう。管理がしやすく、生育がふぞろいにならず、収穫も一度に行うことができるので、稲、麦などのように大規模に作付けする場合に採用される。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

アシエンダ(hacienda)
意味:かつてのスペイン領植民地(ラテン・アメリカ、フィリピン)における伝統的な大農園。(出典:百科事典マイペディア)

ファゼンダ(fazenda)
意味:ブラジルの大農場または大農牧場(リオグランデ・ド・スル州ではエスタンシアと呼ぶ)を指す。(出典:)

タイトルとURLをコピーしました