ブルーオーシャンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ブルーオーシャン

「ブルーオーシャンを開拓する」などのように使う「ブルーオーシャン」という言葉。

英語では「blue ocean」と書きます。

「ブルーオーシャン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ブルーオーシャン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ブルーオーシャンの意味

「ブルーオーシャン」には次の意味があります。

経営学の用語で、競争のない未開拓市場のこと。新しい商品やサービスを開発・投入することで創出される競合相手のいない市場。(出典:デジタル大辞泉)

まだ競合相手のいない新しい市場を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・未だかつて誰も行っていない新規事業でブルーオーシャンを開拓する。

・既存事業に新たな付加価値を加え、ブルーオーシャン戦略を立てる。

・こんなところにブルーオーシャンが残っているとは考えつかなかった。

類語

市場(しじょう)
意味:財貨・サービスが売買される場についての抽象的な概念。国内市場・労働市場・金融市場など。マーケット。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました