フレームワークとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

フレームワーク

「フレームワークにそって考える」などのように使う「フレームワーク」という言葉。

英語では「framework」と表記します。

「フレームワーク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「フレームワーク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

フレームワークの意味

「フレームワーク」には次の意味があります。

枠組み。骨組み。組織。体制。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネスでは一般的に「問題解決のための考え方、型、手順」といったものを指して使います。様々なビジネスフレームワークがあり、PDCAサイクルもその一つです。PDCAサイクルは、「plan(計画)」「do(実行)」「check(実行内容の評価)」「act(改善活動)」を繰り返すことによって業務を改善していく方法です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文


・以下では、知識資産を把握するための分類のフレームワークを掲げたいとおもいます。
(出典:野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』)

・身体経験のような、世界中誰の身にでも同じように起こるはずの物理的・生理的現象でさえ、言語のフレームワークを通過すると、様相を一変させてしまうのです。
(出典:内田樹『寝ながら学べる構造主義』)

・この一時的なフレームワークを作る段階で、詳細箇所、コメント、予期される結末を記述しても良い。
(出典:ラヴクラフト・ハワード・フィリップス『怪奇小説の執筆についての覚書』)

類語

枠組(わくぐみ)
意味:物事の仕組み。また、物事の大筋。輪郭。アウトライン。(出典:精選版 日本国語大辞典)

骨組(ほねぐみ)
意味:物事の根本となる仕組み。(出典:デジタル大辞泉)

組織(そしき)
意味:一定の共通目標を達成するために、成員間の役割や機能が分化・統合されている集団。また、それを組み立てること。(出典:デジタル大辞泉)

体制(たいせい)
意味:各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態。(出典:デジタル大辞泉)

雛形(ひながた)
意味:形式・様式を示す見本。特に、書類などの決まった書き方を示すもの。書式。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました