フラストレーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

フラストレーション

「フラストレーションがたまる」などのように使う「フラストレーション」という言葉。

英語では「frustration」と表記します。

「フラストレーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「フラストレーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

フラストレーションの意味

「フラストレーション」には次の意味があります。

欲求がなんらかの障害によって阻止されている状態。また、その結果生じる不快な緊張や不安。欲求不満。(出典:大辞林 第三版)

フラストレーションは、日本語で「欲求不満」と訳されます。
つまり「フラストレーション」をわかりやすく言えば、「自分の欲求が満たされていない状態」のことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・君を追いかけて一年間、俺はひどいフラストレーションを感じている。
(出典:賀東招二『フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)』)

・それができずにいるフラストレーションが、心の中にたまっていた。
(出典:江川卓『たかが江川されど江川』)

・あんな女と暮らしていて、フラストレーションがたまらないほうがおかしい。
(出典:群ようこ『無印不倫物語』)

・こんな音楽を聴いていてはフラストレーションが溜まる一方で不健康である。 
(出典:森博嗣『X 01 イナイ×イナイ (講談社ノベルス)』)

・一人でヘンな想像して悦に入るなんてフラストレーションでも溜まっているのだろうか。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜 36 日向色の日常』)

スポンサーリンク

類語

欲求不満よっきゅうふまん
意味:何らかの原因によって欲求の満足を妨げられている状態、またはそれによって気がいらだち緊張が高まった状態。フラストレーション。(出典:精選版 日本国語大辞典)

隔靴掻痒かっかそうよう
意味:思うようにならないで、もどかしいこと。核心にふれないで、はがゆいこと。(出典:デジタル大辞泉)

鬱憤うっぷん
意味:外へ出さないで心の中に抑えている怒りや恨み。また、そういう気持ちが積もること。(出典:デジタル大辞泉)

むしゃくしゃむしゃくしゃ
意味:腹立たしくて心が晴れないさま。 (出典:大辞林 第三版)

鬱屈うっくつ
意味:気分が晴れ晴れしないこと。心がふさぐこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました