ファイナンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ファイナンス

「ファイナンス思考」などのように使う「ファイナンス」という言葉。

「ファイナンス」は、英語で「finance」と表記します。

「ファイナンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ファイナンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ファイナンスの意味

「ファイナンス」には次の意味があります。

財源。資金。(出典:デジタル大辞泉)

ファイナンスは「金融」という意味で使われることが多いです。
融資や資金の調達といった意味も含まれています。
日常生活よりもビジネス用語として用いられる場合がほとんどです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・秋山社長は協産ファイナンスのために精いっぱいおやりになってますよ。
(出典:高杉良『金融腐蝕列島(下)』)

・これで投資会社も炭素銀行も石田ファイナンスに魅力を覚えるはずだ。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 上』)

・あたしの他人に対する観察眼は、ファイナンス会社に勤めてる姉貴の折り紙付きだもの。
(出典:恩田陸『ドミノ』)

・死に体の協産ファイナンスに対して百五十億円の支援融資を実行せざるを得なくなった。
(出典:高杉良『金融腐蝕列島(上)』)

・ソニーのファイナンスを高める絶好の機会だと思ったからだ。
(出典:中川靖造『創造の人生 井深大』)

類語

金融きんゆう
意味:金銭の融通。特に、資金の借り手と貸し手のあいだで行われる貨幣の信用取引。(出典:デジタル大辞泉)

エコノミー
意味:経済。理財。(出典:デジタル大辞泉)

財政ざいせい
意味:個人・家庭・団体などの経済状態。かねまわり。(出典:デジタル大辞泉)

資金しきん
意味:事業の元手や経営のために使用される金銭。(出典:デジタル大辞泉)

融資(ゆうし)
意味:資金を融通すること。また、その資金。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました