バーチャルリアリティとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バーチャルリアリティ

「バーチャルリアリティを体験する」などのように使う「バーチャルリアリティ」という言葉。

英語では「virtual reality」と表記します。

「バーチャルリアリティ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バーチャルリアリティ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バーチャルリアリティの意味

「バーチャルリアリティ」には次の意味があります。

コンピューターグラフィックスや音響技術などを利用して人間の視覚や聴覚に働きかけ、空間や物体、時間に関する現実感を人工的に作り出す技術。(出典:IT用語がわかる辞典)

頭文字をとって「VR(ブイアール)」とも呼ばれる「仮想現実」のことです。
「バーチャル」と略すこともあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もし彼がバーチャルな世界を超えて、現実にその欲求を満足させたいと考え始めていたとしたら。
(出典:五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』)

バーチャルリアリティーというのか、枝をはらわれ、びっくりして飛び出した虫が、ほんものの花と勘違いして吸いついたらしい。
(出典:岸本葉子『家にいるのが何より好き』)

・みんな小説で読んだり映画で観たりしただけのバーチャルな体験だ。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

・この、「空の高さ」だけはいかなるVR世界でも再現することはできない。
(出典:九里史生『SAO-Web-3』)

・呆然となったのも一瞬、ソシエはすかさずVRヘッドを下ろして状況の確認に努めた。
(出典:福井晴敏『∀ガンダム(下)』)

スポンサーリンク

類語

疑似体験ぎじたいけん
意味:現実に似せた状況に身を置き、現実に起こるであろう感覚を体験すること。(出典:デジタル大辞泉)

拡張現実かくちょうげんじつ
意味:現実の世界を映した光景や映像に、デジタル情報を重ねて、現実の知覚体験をわかりやすく補足、拡張する技術。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

追体験ついたいけん
意味: 他人の体験を、作品などを通して自分の体験として生き生きと、とらえること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

シミュレーション・ゲーム
意味:ゲームのジャンル分けの一つで、現実の世界を模した部分がゲームに組み込まれているもの。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

タイトルとURLをコピーしました