バンドルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バンドル

「ラインバンドル」などのように使う「バンドル」という言葉。

英語では「bundle」と表記します。

「バンドル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バンドル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バンドルの意味

「バンドル」には次の意味があります。

ある製品やサービスに、別の製品やサービスを合わせて提供すること。(出典:デジタル大辞泉)

近年ではアプリゲームの課金アイテムを、様々なアイテムや衣装を詰め合わせた形でバンドルの名前で販売している会社もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だが二次的な加工を行っているとはいえ、第三者の製品へのバンドルを実現するためには、当然原著作者の了承が必要だった。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・パターンはその場合場合によって微妙にずれています。ラインの中のチップが組みかえられ、バンドルの中のラインが組みかえられているからです。
(出典:村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』)

・加えてベーシックのゲームソフトとして、その後日本でも人気を呼ぶことになるロードランナーがバンドルされた。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・販売に関するなんの保証もないまま売り出さざるをえないパッケージソフトなら、ほとんど売れないといった事態も想定しないわけにはいかない。だがマシンに確実にバンドルしてもらえるのであれば、開発費を取りっぱぐれる心配はなかった。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・IBMはこの年、これまではハードのおまけでしかなかったソフトを初めて切り離し、別の料金体系を設定するアン・バンドル政策に打ってでた。
(出典:富田倫生『青空のリスタート』)

類語


意味:いくつかの物を一まとめにしてくくったもの。たばね。たばり。そく。(出典:精選版 日本国語大辞典)

集団
意味:人や動物、また、ものが集まってひとかたまりになること。また、その集まり。群れ。(出典:デジタル大辞泉)

セット
意味:組み合わせて一揃いにすること。また、そのようなもの。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました