ハイブリッドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ハイブリッド

「環境に良いハイブリッド車」などのように使う「ハイブリッド」という言葉。

英語では「hybrid」と表記します。

「ハイブリッド」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ハイブリッド」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ハイブリッドの意味

「ハイブリッド」には次の意味があります。

異質のものの混成物。(出典:デジタル大辞泉)

「ハイブリッド」は、異なる動物が掛け合わされてできた種などを意味する言葉として使用されておりましたが、現代では異なる業種・文化などを混ぜてできたものを指すなど使用範囲が広がっています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

ハイブリッド車は、電気とガソリンの両方で動くため、燃費効率が良い。

・厳しい天候に強いさまざまな種を掛け合わせ、長年の品種改良の末に出来たハイブリッドな野菜だ。

・この会社は化学業界の人材とIT人材からなるハイブリッドな会社である。

類語

雑種(ざっしゅ)
意味:品種など系統の異なる雌雄の交配によってできた個体。(出典:デジタル大辞泉)

変わり種(かわりだね)
意味:普通のものとは違った種類のもの。(出典:デジタル大辞泉)

・混成(こんせい)
意味:ある形式が他の形式に影響を及ぼして,両者の混合した第3の形ができる現象。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

混ざる(まざる)
意味:性質の異なるものが中に入り込む。(出典:デジタル大辞泉)

混ぜ合せる(まぜあわせる)
意味:別々のものをまぜて一緒にする。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました