ネガティブとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ネガティブ

「ネガティブな感情」などのように使う「ネガティブ」という言葉。

英語では「negative」と表記します。

「ネガティブ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ネガティブ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ネガティブの意味

「ネガティブ」には次の意味があります。

否定的なさま。消極的。(出典:デジタル大辞泉)

「あまりやりたくない」、「どうせ上手くいかない」といった考え方などがネガティブな感情になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・俺はいつからこんなネガティブなことしか考えない男になったんだ?!冷静になれ冷静になれ!
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 1 鬼隠し編』)

・言葉での説明がないだけに、ネガティブな疑問が勝手に膨れ上がってくる。
(出典:鈴木光司『バースデイ』)

・プラトニック・ラブでさえ、ネガティブな形で体の関係を必要としている。
(出典:阿刀田高『花の図鑑(上)』)

・こいつは感情が一定値を超えるとこのようにどこまでもネガティブになるようだ。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜-6 ななこちゃんSOS!』)

・だが不思議と、そういうネガティブな感情は伝わってこなかった。
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 1 入学編 <上>』)

類語

消極的しょうきょくてき
意味:自分から進んで物事をしないさま。引っ込みがちなさま。また、否定的であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

マイナス思考まいなすしこう
意味:何かにつけて、どうせ失敗するさ、私はだめなんだなどと悪い方向に考えが向くこと。物事を否定的にとらえる考え方。(出典:デジタル大辞泉)

否定的ひていてき
意味:否定する内容をもつさま。(出典:デジタル大辞泉)

悲観的ひかんてき
意味:先行きに望みはないと考えるさま。望みのもてないさま。(出典:デジタル大辞泉)

自嘲じちょう
意味:自分で自分をつまらぬものとして軽蔑すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました