トレーサビリティとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

トレーサビリティ

「トレーサビリティを確保する」などのように使う「トレーサビリティ」という言葉。

「トレーサビリティ」は、英語で「Tracability」と表記します。

「トレーサビリティ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「トレーサビリティ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

トレーサビリティの意味

「トレーサビリティ」には次の意味があります。

食品がいつ、どこで作られ、どのような経路で食卓に上ったかという生産・流通履歴を明らかにする制度。(出典:日本国語大辞典)

わかりやすく言えば、「物事の順序を追跡できること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・物品の流通履歴のトレーサビリティを確保する。

トレーサビリティによって順番に測定値の値を保証する。

トレーサビリティの保証によって、盗品問題を解決する。

類語

追跡(ついせき)
意味:物事の行なわれたあとをたどったり、理屈の筋道をたどったりすること。(出典:日本国語大辞典)

履歴(りれき)
意味:コンピューターで、データの送受信などの記録のこと。(出典:デジタル大辞泉)

経路(けいろ)
意味:物事がたどってきた筋道。過程。(出典:デジタル大辞泉)

過程(かてい)
意味:物事の、連関的で合法的な進行。(出典:日本国語大辞典)

フローチャート
意味:複雑なプログラムを書くとき、混乱が起きないように処理の手順を図解したもの。(出典:流通用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました