トリガーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

トリガー

「その報道が株価下落のトリガーとなった」などのように使う「トリガー」という言葉。

英語では「trigger」と表記します。

「トリガー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「トリガー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

トリガーの意味

「トリガー」には次の意味があります。

銃の引き金。また転じて、物事を引き起こすきっかけ。(出典:デジタル大辞泉)

「その報道が株価下落のトリガーとなった」で「ある報道が、株価が下がるきっかけとなった」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ある行為をしたときに、結果として脳内報酬物質が放出されれば、そのことがトリガーとなり、その前の行為が強化される。
(出典:茂木健一郎『思考の補助線』)

・その一言がトリガーだった。
(出典:事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』)

・隊員の数名が、銃のトリガーに手をかけた。
(出典:大槻ケンヂ『ステーシー』)

・サブ・マシンガンを突き出し、指揮官はトリガーを引いた。
(出典:高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』)

トリガー式のエアブラシのカップに塗料と溶剤を注ぎ込み、マスクとゴーグルをつけると、勝手にハンガーの <サベージ> に塗装を始めてしまう。
(出典:賀東招二『フルメタル・パニック!08 燃えるワン・マン・フォース』)

類語

引き金(ひきがね)
意味:銃砲を発射するときに指で引く発射装置の金具。(転じて) ある行為をしたり、あることがおこったりする誘因。きっかけ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

切掛(きっかけ)
意味:物事が始まる原因、理由、動機。(出典:精選版 日本国語大辞典)

撃鉄(げきてつ)
意味:小銃の撃発装置の一。弾丸の発射薬を発火させるために雷管を強打する部分。うちがね。(出典:デジタル大辞泉)

端緒(たんしょ)
意味:物事の始まり。いとぐち。手がかり。(出典:デジタル大辞泉)

発端(ほったん)
意味:物事の始まり。事の起こり。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました