デリバリーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

デリバリー

「デリバリーを頼んだ。」などのように使う「デリバリー」という言葉。

英語では「delivery」と表記します。

「デリバリー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「デリバリー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

デリバリーの意味

「デリバリー」には次の二つの意味があります。

1 荷などの引き渡し。受け渡し。
2 弁当や料理・食材などを出前・配達する業者、またその食品。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

デリバリーの意味①「荷などの引き渡し。受け渡し。」

「デリバリー」の一つ目の意味は「荷などの引き渡し。受け渡し。」です。

「デリバリー」のイメージは、物をある場所からある場所に届けることです。それが転じて、その様な仕事をする会社自体を「デリバリー」と呼ぶこともあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・若者二人はそのまま店の前のデリバリー用のバイクに飛び乗るが、店長は店の裏側に回った。
(出典:恩田陸『ドミノ』)

・荷物のデリバリーが何日たっても届かない。

・あのデリバリー会社は、黒い猫の模様がトレードマークだ。

類語

配達(はいたつ)
意味:郵便物や商品などを指定された宛先へ届けること。(出典:デジタル大辞泉)

配送(はいそう)
意味:配達して届けること。また、配達と発送。(出典:デジタル大辞泉)

デリバリーの意味②「弁当や料理・食材などを出前・配達する業者、またその食品。」

「デリバリー」の二つ目の意味は「弁当や料理・食材などを出前・配達する業者、またその食品。」です。

ここでの「デリバリー」の意味は、飲食系をある場所に届けてくれることをいいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・大学生のとき、デリバリーのピザ屋でバイトをしていた。
(出典:喜多嶋隆『島からのエア・メール』)

・店を出て僕の愛車ポルシェ911に乗り込むと、僕らの前を一台のお好み焼き屋のデリバリーの三輪バイクが通り過ぎて行った。
(出典:尾崎豊『普通の愛』)

デリバリーの冷えかかったピザを分け合って、コーラで流し込んでいると、こう思う。
(出典:山崎マキコ『ためらいもイエス』)

・それらの車体には『ヤマギシパン』『ほかほか亭』などの食品デリバリー業者名が刻まれている。
(出典:松岡圭祐『千里眼の教室』)

類語

宅配(たくはい)
意味:新聞、牛乳、荷物などを各戸別に配達すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました