デプロイメントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

デプロイメント

「デプロイメントされている」などのように使う「デプロイメント」という言葉。

「デプロイメント」は、英語では「Deployment」と表記します。

「デプロイメント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「デプロイメント」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

デプロイメントの意味

「デプロイメント」には次の意味があります。

コンピューターネットワークを通じて提供されるアプリケーションやウェブ上のサービスを、利用可能な状態にすること。(出典:デジタル大辞泉)

このサイトのように公開されて、みんなが閲覧できるウェブサイト等を「デプロイメントされているサイト」と言います
「デプロイメント」は「デプロイ」と言うこともあります。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ポートフォリオを作成し、デプロイメントした。

・新しくデプロイメント推進部が設立された。

・就職面接で デプロイメントしているアプリを紹介した。

デプロイメントするにも一定の費用が掛かる。

・開発しながらのデプロイメントは一般ユーザーからのバグ報告を受けることができるので、気づきも早く対応がしやすい。

スポンサーリンク

類語

実装(じっそう
意味:コンピューターのハードウェアやソフトウェアに新たな部品や機能を組み込んで使えるようにすること。(出典:IT用語がわかる辞典)

ビルド
意味:ソフトウエアやデジタルコンテンツなどの開発工程において、プログラムのソースファイルから実行可能なファイルを作成したり、コンテンツデータを利用可能な状態にしたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

リリース
意味:音楽アルバムやアプリケーションソフトなどを発売すること。(出典:デジタル大辞泉)

プロセス
意味:コンピューターでプログラムなどを動作させる際、CPUが実行するひとまとまりの処理の単位。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました