デフレーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

デフレーション

「デフレーション」などのように使う「デフレーション」という言葉。

英語では「deflation」と表記します。

「デフレーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「デフレーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

デフレーションの意味

「デフレーション」には次の意味があります。

・通貨の収縮・物価低落・不況などの現象を俗にいう言葉。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「デフレ」と略語で表されるのがこのデフレーションです。物価の低落などがじわじわと続くことを指し、その一場面一場面のことを不況・不景気であると言い分けます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そこでは、労働市場や他の生産要素市場そして資本財市場でインフレーションやデフレーションの分析が省かれており、したがって、総供給がどのように変動するかという問題も不問に付されている。
(出典:岩井克人『ヴェニスの商人の資本論』)

・しかしデフレを活用するほどの人物だからよく応戦したようである。
(出典:坂口安吾『桐生通信』)

・心配ありません。わたしがいる限り、日本にはインフレもデフレも起こりませんよ。
(出典:荒俣宏『帝都物語5』)

・時計を見るともう六時近い。まだ、木暮がデフレーションがどうかしたとかいっている。
(出典:佐藤垢石『議会見物』)

デフレ・スパイラルは我々下々の者にとって何ひとつ悪いことはないのである。
(出典:高橋孝輝『値段が語る、僕たちの昭和史』)

類語

デフレスパイラル
意味:需要減退→物価下落→企業採算悪化→リストラによる人員整理→所得減少→さらなる需要減退という形でデフレが進行すること。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

リセッション
意味:景気後退。不景気とまではいかない、一時的な景気調整過程をいう。(出典:デジタル大辞泉)

不況ふきょう
意味: 資本主義社会における景気変動の一局面。投資・生産・雇用の減少、物価・利潤の低落などをきたし、経済活動全体が沈滞する状態。不景気。(出典:精選版 日本国語大辞典)

価格破壊かかくはかい
意味:消費者の低価格指向を受けて、メーカーの希望小売価格を無視して販売するディスカウントストアなどが登場、安売りが広がっている現象。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

下落げらく
意味:物価や相場、また、物事の価値などがさがること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました