ディスカッションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ディスカッション

「パネルディスカッション」などのように使う「ディスカッション」という言葉。

英語では「discussion」と表記します。

「ディスカッション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ディスカッション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ディスカッションの意味

「ディスカッション」には次の意味があります。

・討論。討議。(出典:大辞林 第三版)

ある一つのテーマに沿って、意見を論じ合うことという意味で用いられます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・授業中のディスカッションで論理的な言葉の応酬をしますから、論理的思考の訓練にもなっています。
(出典:安野光雅/藤原正彦『世にも美しい日本語入門』)

・建築家と何度もディスカッションを重ねながらできたのが、いまの形である。
(出典:小菅正夫『〈旭山動物園〉革命――夢を実現した復活プロジェクト』)

・その日は都内のホールに超常現象研究家が集まり、出版社主催のパネルディスカッションが開かれた。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

・長山を囲む文化的ディスカッションのつもりが、一時間もすると主役は亜里沙に変わった。
(出典:高橋克彦『南朝迷路』)

・金田一耕助と日比野警部補が到着したとき、会場では活溌なディスカッションが行なわれていた。
(出典:横溝正史『金田一耕助ファイル17 仮面舞踏会』)

スポンサーリンク

類語

議論(ぎろん)
意味:互いの意見を述べて論じ合うこと。また、その内容。(出典:デジタル大辞泉)

ディベート
意味:特定のテーマについて、肯定・否定の二組に分かれて行う討論。(出典:大辞林 第三版)

論争(ろんそう)
意味:違った意見をもつ人たちが、それぞれ自分の説の正しさを主張して論じあうこと。(出典:大辞林 第三版)

侃々諤々(けんけんがくがく)
意味:正しいと思うことを堂々と主張するさま。また、盛んに議論するさま。(出典:デジタル大辞泉)

座談会(ざだんかい)
意味:人々がある問題を中心にして、形式ばらない状態で話し合う会合。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました