ソーシャルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ソーシャル

「ソーシャルクラブ」などのように使う「ソーシャル」という言葉。

英語では「social」と表記します。

「ソーシャル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ソーシャル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ソーシャルの意味

「ソーシャル」には次の意味があります。

多く複合語の形で用い、社会的な、社交的な、の意を表す。(出典:デジタル大辞泉)

「ソーシャル」は前後に名詞を伴い、社会的な物事を表す言葉になります。
また、社会そのものを表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・よくわからないながらも抗あらがえないソーシャルな響ひびきを感じ、万里はバカ正直に急いで個人情報を書いた。
(出典:竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 01巻 春にしてブラックアウト』)

・ホモソーシャルはそれとはまったく違った概念がいねんで、「ソーシャル」だから「社会構造」のレベルの問題である。
(出典:石原千秋『ケータイ小説は文学か』)

類語

社会生活(しゃかいせいかつ)
意味:社会の一員としての生活。(出典:デジタル大辞泉)

社交(しゃこう)
意味:人と人とのつきあい。世間での交際(出典:デジタル大辞泉)

世渡り(よわたり)
意味:生活していくこと。よすぎ。渡世。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました