ストラテジーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ストラテジー

「グローバル・ストラテジー」などのように使う「ストラテジー」という言葉。

「ストラテジー」は、英語で「strategy」と表記します。

「ストラテジー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ストラテジー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ストラテジーの意味

「ストラテジー」には次の意味があります。

戦略。戦法。(出典:デジタル大辞泉)

将来を見通しての長期的な方策を意味します。
「ストラテジスト」で「戦略家」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・世に〝松岡戦略〟と呼ばれるストラテジーがある。
(出典:豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』)

・「ストラテゴ」という名を与えた。ストラテジーの語源になる言葉である。
(出典:塩野七生『ローマ人の物語1』)

・世界遺産委員会がグローバル・ストラテジーを採択した。

・コンサルティング会社のストラテジー部門に配属される。

スポンサーリンク

類語

戦略(せんりゃく)
意味:組織などを運営していくについて、将来を見通しての方策。(出典:デジタル大辞泉)

戦法(せんぽう)
意味:戦闘の仕方。競技・試合などの戦い方。(出典:デジタル大辞泉)

戦術(せんじゅつ)
意味:ある目的を達成するための具体的な方法・手段。(出典:デジタル大辞泉)

作戦、策戦(さくせん)
意味:よい結果を得るために、当面する相手に対してめぐらす、戦う方法についての策略。はかりごと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

方策(ほうさく)
意味:はかりごと。計略。また、手段。方法。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました