ステークホルダーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ステークホルダー

「ステークホルダーの理解を得る」などのように使う「ステークホルダー」という言葉。

英語では「stakeholder」と表記します。

「ステークホルダー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ステークホルダー」の意味や使い方や類語について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ステークホルダーの意味

「ステークホルダー」には次の意味があります。

企業の利害関係者のこと。株主や債権者・取引先・顧客など。地域住民・地域社会を含めていう場合もある。(出典:デジタル大辞泉)

「ステークホルダー(stakeholder)」の「stake」は「掛け金」、「holder」は「保有者」を意味します。
つまり直接的には株主などの「お金を出した権利保有者」のことですが、より広い意味で、影響を受ける地域住民や取引先などを含めることもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・我が社の業績が上がったことで、ステークホルダーに対する責任を果たすことができた。

ステークホルダーの意見を聞き、今後の事業展開を検討する。

・株主総会において、ステークホルダーの理解を得られるようにしたい。

スポンサーリンク

類語

利害関係人(りがいかんけいにん)
意味:一定の事実または他人のある行為などによって自分の権利または利益に影響を受ける人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

株主(かぶぬし)
意味:株式会社に資金を出してくれた人。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

債権者(さいけんしゃ)
意味:債権をもっている者。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました