ジェネレーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ジェネレーション

「次のジェネレーションへ向けて」などのように使う「ジェネレーション」という言葉。

「ジェネレーション」は、英語で「generation」と表記します。

「ジェネレーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ジェネレーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ジェネレーションの意味

「ジェネレーション」には次の意味があります。

世代。時代。代。また、その世代の人々。(出典:精選版 日本国語大辞典)

英語の「generation」を直訳した意味で、ある一定の期間のこと、あるいは同じ時期に生れて同じ時代を生きた人々を括っていう場合に用います。
「generation」の音がそのままカタカナ語になった語で、かつては「ゼネレーション」と表記される場合もありましたが、「ジェネレーション」が一般化しています。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あんたとはジェネレーションが近いせいで話が合うと言っていた。
(出典:丸谷才一『年の残り 他』)

・純下町式の三つのジェネレーションを代表したような連中である。
(出典:寺田寅彦『柿の種』)

・ような伝統がもし日本の文学にあると仮定しても、若いジェネレーションが守るべき伝統であろうか。
(出典:織田作之助『可能性の文学』)

・このズレをジェネレーション・ギャップの一言で片づけるのは簡単だ。
(出典:五條瑛『冬に来た依頼人』)

・そして親達は自分達の次のジェネレーションの生活までも保証出来る程に、有産者ではない。
(出典:戸坂潤『思想と風俗』)

類語

世代(せだい)
意味:生年や成長の時期によって区別した年代の区切り。共通の時代的経験をもつことによって、そこになんらかの共通の意識、あるいは共通の社会的行動様式が認められる年齢層。また、その人々。(出典:精選版 日本国語大辞典)

年代(ねんだい)
意味:同じ年齢、または近接する年齢の人の横のひろがり。年齢層。(出典:精選版 日本国語大辞典)

年齢層(ねんれいそう)
意味:集団を年齢の高低によって区分けした層。(出典:デジタル大辞泉)

時人(じじん)
意味:当時の人々。その時の人々。同時代の人々。(出典:精選版 日本国語大辞典)

同時代(どうじだい)
意味:同じ時代。同じ時期。また、同じ時代に存在すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました