シャンプーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

シャンプー

「シャンプーする」などのように使う「シャンプー」という言葉。

英語では「shampooing」と表記します。

「シャンプー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「シャンプー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

シャンプーの意味

「シャンプー」には次の意味があります。

洗髪および洗髪剤。(出典:百科事典マイペディア)

髪を洗うことそのものを指す場合と、髪を洗う時に使用する化粧品を指す場合があります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・正確に言うと、おまえが使ってるブランドもんのシャンプーの匂いだろ!
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2巻』)

・家を出てくる時に使ったばかりのシャンプーの香りが鼻腔をくすぐった。
(出典:小池真理子『虚無のオペラ』)

シャンプーをしている最中には、「痒かゆいところはありませんか」と聞く。
(出典:小池真理子『猫を抱いて長電話』)

・三日にあけずシャンプーはする、私なんかせいぜい夏でも五日に一度ですのよ。
(出典:平岩弓枝『女の四季』)

・私は、頭にシャンプーの泡を残したまま風呂場を飛び出したのだった。
(出典:柴門ふみ『とっても、愛ブーム』)

類語

コンディショナー
意味:傷んだ髪や肌などの状態を、整えるために用いる化粧品。(出典:デジタル大辞泉)

トリートメント
意味:特に、傷んだ毛髪や肌の手入れ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

石鹸せっけん
意味:洗剤の一種で、ふつう、ステアリン酸・パルミチン酸など高級脂肪酸のナトリウム塩またはカリウム塩。(出典:デジタル大辞泉)

ボディソープ
意味:体を洗うための石けん。(出典:デジタル大辞泉)

化粧品けしょうひん
意味:容姿を整えるため化粧に用いる品目の総称。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

タイトルとURLをコピーしました