スポンサーリンク

サプライチェーンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

サプライチェーン

「サプライチェーンリスクを考慮する。」などのように使う「サプライチェーン」という言葉。

英語では「supply chain」と表記します。

「サプライチェーン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「サプライチェーン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サプライチェーンの意味

「サプライチェーン」には次の意味があります。

個々の企業の役割分担にかかわらず、原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの全プロセスの繋がり。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

日本語では供給網という言葉で表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・サプライチェーン全体のセキュリティ対策について考える。

・アメリカは中国のサプライチェーンに関してけん制している。

・サプライチェーン全体で目標達成するため統一目標を掲げる。

類語

ウェブ
意味:インターネット上で文字・画像などをレイアウトして見せ、簡単にアクセスできるようにするための仕組み。(出典:知恵蔵)

情報網じょうほうもう
意味:情報を得るために張りめぐらされた組織。(出典:精選版 日本国語大辞典)

交通網こうつうもう
意味:各種の交通機関が網(あみ)の目のように通じていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

マネジメント
意味:経営管理。(出典:精選版 日本国語大辞典)

アンテナ
意味:電波を吸収(受信)または放射(送信)するための装置。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

タイトルとURLをコピーしました