サステナビリティーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

サステナビリティー

「サステナビリティーへの取り組み」などのように使う「サステナビリティー」という言葉。

「サステナビリティー」は、英語では「sustainability」と表記します。

「サステナビリティー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「サステナビリティー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サステナビリティーの意味

「サステナビリティー」には次の意味があります。

「持続可能性」または「持続することができる」という意味。(出典:人事労務用語辞典)

「サステナビリティー」はSDGsのSのSustainableと語源が同じで、地球環境や社会等を対象にして使われることが最近では多くなりました。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・最近サステナビリティー活動が盛んになっている。

サステナビリティーの意識の強い民衆を育てなければならない。

・枝廣淳子さんは、サステナビリティーを「もったいない」を伝えていくことだと表現した。

サステナビリティーに関心を持つ企業が増えている。

サステナビリティを実現するにはコストがかかる。

類語

耐久(たいきゅう)
意味:長くもちこたえること。長持ちすること。(出典:デジタル大辞泉)

ポテンシャリティー
意味:潜在する力。可能性。潜在能力。(出典:goo国語辞書)

ポシビリティ
意味:ありうべきこと。可能性。(出典:goo国語辞書)

SDGs(Sustainable Development Goals)
意味:世界が2016年から2030年までに達成すべき17の環境や開発に関する国際目標。(出典:日本大百科全書)

CSR(Corporate Social Responsibility)
意味:企業が、従来の企業概念にとらわれない、より広範に及んだ社会的責任を果たすべきであるという概念のことである。(出典:IT用語辞典バイナリ)

タイトルとURLをコピーしました